フラット35s
ローンを借り換える

ローンの借り換えのベストな選択 フラット35

省エネの家や耐震性に優れた家を購入した場合、ローンをフラット35s借り換えをするのがベストな選択かもしれない。

フラット35s借り換えには金利AプランとBプランがあり、Aプランの場合には当初10年間、Bプランの場合には当初5年間は年0.3%の金利引下げ措置があるそうだ。

ということは、フラット35sにローンの借り換えをすれば、金利負担分が減り、総返済額が減額される。

0.3%金利が下がるだけでも、フラット35と比べると、最終的な負担はかなり減ることになる。

省エネやしっかりした耐震設備の家を買う時には、やはりローンをフラット35s借り換えをするのが一番メリットが大きい賢い選択だということだ。

フラット35sは、新築だけではなく中古住宅でも利用できるから、中古住宅でエコ住宅を購入した場合にも、住宅ローン借り換えはフラット35sを選択するといいだろう。

フラット35sを利用する場合には、フラット35sの対象になる家かどうかの適合証明書を金融機関へ提出する必要があるそうだ。

もちろんフラット35S審査に通る必要もある。

フラット35sの対象になる住宅というのは、省エネルギー性に優れている家、耐震性に優れた家、バリアフリーの家、耐久性に優れた家だ。

これらの住宅を購入する予定がある場合には、最初にフラット35sにローンの借り換えをする心づもりをしておくといいのではないだろうか。

こうした優良住宅は住宅本体の値段もかなり高いので、フラット35sによって金利負担を少しでも減らせることができれば、住宅ローンを支払い続ける過程でかなり助けになるだろう。

住宅ローンで一番重くのしかかるのは金利負担だから、金利負担を減らすことができれば、ワンランク上の住宅をゲットすることも可能なのかもしれない。

フラット35sに借り換えることを頭に入れておけば、手が届かないと思っていた優良住宅を手に入れられる可能性は0ではないのだ。

家は一生住むところだから、妥協するよりも納得できる家に住むのがベストな選択だ。

そんなベストな選択ができるよう、フラット35sは手助けしてくれるだろう。

長年払い続けなければいけない金利負担を減らせるというのはかなり大きなメリットになる。

優良住宅を、フラット35sへの借り換えのおかげで手に入れることができたという人だって少なくないのではないか。

そう考えると、フラット35sというのは、大きな夢を叶えてくれる心強いサポートになる措置だと言えるのではないだろうか。

より良い住まいにより良い措置を・・というところだろう。

フラット35sのメリットとデメリット

なかなか利用する機会のない住宅ローンですがなかなか使わないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

ここではフラット35sを例にして契約をについて解説します。

新築で建てる場合では、最初に借り入れの申し込み、設計審査をして物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

その審査結果が1週間から2週間前後でわかります。

結果がわかったら着工し、工事途中、竣工後の2回現場審査の申請をしなければいけません。

竣工現場審査に合格するとの融資の契約や資金の受け取りや登記などの手続きが行えます。

住宅ローンをはじめとした長期のローンは、できるだけ早く返したいと思ってしまいますよね。

早く返す方法は繰り上げ返済をすることです。

利用者の多い住宅ローンの1種類であるフラット35sを例にすると繰上げ可能額が100万円からに設定されていることが多いですが10万円から繰上げ返済可能という機関もあるようです。

その際、手数料が発生する場合と発生しない銀行機関があるので住宅ローンを選ぶ際はこの点も見るようにしましょう。

ボーナス併用払いでローンを組んでいる場合には、ボーナス月の請求がずれないように半年分の合計から可能なことが多いようです。

念願のマイホームを手に入れる際に住宅ローンを組みますが種類が多くどれを選んだら良いのか悩んでしまいます。

でも住宅ローンを利用するのは人生に1回の人が多く選び方がわからない人も多いはずです。

ここでは、フラット35を選ぶ際のポイントをまとめてみました。

参考:フラット35比較でおすすめは?審査甘いランキング?【借りやすい銀行】

まず、初めに行うのは金利を変動型にするか固定型にするかです。

金利が低いままならお得だけれど毎月の支払いが高くなる可能性のある変動型と金利変わっても影響のなく返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので比べるポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35sに決めた場合はここ数年では、変動型より固定型が人気が出ているようです。

住宅は人生で最大の買い物とも言われています。

その際利用する住宅ローンですがネットで調べてみるとフラット35sとフラット35ssという2つのプランがあります。

いったいこの2種類では何が異なるのでしょうか。

はじめに言っておきたいのが利用者がどちらかを選ぶというものではなく購入する住宅が一定の条件を満たしていると自動的に適用されるものです。

省エネ性やバリアフリー性を高めると基本的には物件価格が上がりますが長期間住むことができることを考えるとメリットは大きいです。

これらの条件を満たしていると特別金利のフラット35ssが適用されます。

また、中古の物件でも条件さえ満たしていれば利用できるのでぜひ活用してください。

国内には様々な住宅ローン制度があります。

銀行機関独自のローンやフラット35sのようにどこの銀行機関で契約しても基本的には同じ条件になるローンなど種類が多すぎてどれに決めればよいかわかりません。

他の人がどういった部分を比較してローンを決定しているのでしょうか。

特に比較されているのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動制の場合は銀行機関独自のローン商品になるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行ごとに決められます。

住宅ローンを探す際の参考にしてください。

ローンを借りる際に重要なことはなんでしょうか?ある人は、他のローンや公共料金の支払い滞納が起きていないかという信用情報を挙げることもありますが最も大切なのは借りた後にどうやって返していくかを考えておくことです。

例えば、住宅ローンなどの場合では、借り入れ金額は大きくどのくらいの期間で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを絶対に確認してください。

自力で計算して確認するのもいいですが大変なので利用を考えているローンのHPにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動金利型の場合では金利変動の影響で支払額が変わるので固定金利のフラット35sなど別のローンを組んだ場合も確認してみてください。

テレビCMでおなじみのフラット35sですが、中古住宅を買う時も利用できるの?という質問を聞きます。

結論から言えば要件達成で利用できます。

要件例としては、床面積の広さがマンションの場合は30u以上になっているか、物件の購入価格が1億円以下かという条件です。

また、中古物件ならではの要件もあり、申込日の時点で竣工日から2年以上過ぎている、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で購入した物件に対してのローン借り換えを行う場合は中古住宅扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を購入する際もフラット35sをご活用ください。

人生で最も高価な買い物と言われる住宅ですがなかなか一括で買うという人はいないと思います。

多くの場合は住宅ローンで資金調達すると思います。

その際、変動金利にするのか、固定にするのかが悩みの種です。

返済計画の立てやすさを考えるとフラット35sがおすすめです。

フラット35sの始まった2004年頃に比べ、金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのにいい時期といえます。

金利だけを見ると、変動型の方が1%近く低い数値になっていますが変動リスクがあり、毎月の返済額が高くなることもあります。

返済計画が立てにくいデメリットがあります。

住宅を買う際にフラット35sの利用を勧められることがあります。

多くの人はテレビのCMで名前を聞いたことはあるくらいで実際にはどんなローンなのか、借りるための条件はあるのかといった詳細な情報は知らないのではないでしょうか。

利用するには、物件購入価格が税込で1億円以下になっているか、床面積が基準以上の数字になっているかといった条件があります。

ローンとしての特徴は、基本的に物件価格の9割までしか借りられないことや全期間金利が変わらないことなどが挙げられます。

金利変動が発生しても急に支払額が上がるといったことが起きないので将来を見据えた返済計画が立てやすく無理なく返済できそうですね。

住宅を購入するときに利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから審査を始めます。

事前審査の結果、ローンが組めないこともあります。

また1から物件探しをすることがないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば全期間固定金利のフラット35s取扱実績1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というページでは物件を決める前に他に年収が400万円未満だと年間返済額が年収の30%以内までなどの条件もあります。

他の機関のサイトにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ず活用するようにしましょう。

予算が分かっていれば物件も探しやすくなるのではないでしょうか。