フラット35S
最終返済額が変わる

省エネ住宅ならフラット35Sで

フラット35の住宅ローンを利用している人が、省エネ住宅を購入した場合、フラット35sで返済額を軽減することができますよね。 フラット35sは、省エネ住宅などの優良住宅に対して金利軽減措置を実施している住宅ローンで、当初5年及び10年は0.3%の金利引き下げがあるという金利プランを提供しています。 ということは、フラット35で返済していたローンをフラット35sに借り換えると、フラット35Sで返済額を軽減することが可能になりますよね。

金利負担が減らせれば、最終的な返済額にもかなり差がでてくるんじゃないでしょうか。 フラットからフラット35sに実際に乗り換えた人は、その負担額の差に驚いているかも。 借入金額が大きければ大きいほど、金利負担っていうのは重くのしかかりますからね。 そんな重くのしかかる金利負担を少しでも軽くしたいなら、やはりフラット35sに借り換えるのが一番でしょう。 フラット35sに借り換えることができれば、生活にも少しはゆとりができるかもしれないし・・。 フラット35sに借り換えることって、メリットこそあれ、デメリットはまるでありませんよね。 省エネ住宅や耐震性、耐久性に優れた住宅を購入しているなら、フラット35sを利用しない手はありませんね。

フラット35Sのおすすめリンク集

フラット35金利一覧最安は?【おすすめ銀行ランキング!】
フラット35の金利に注目して一覧でご紹介!フラット35住宅ローンで一番金利が安くておすすめの銀行を知りたいという方必見!これまでの金利の推移とこれからの動向についての分析もどうぞ!
www.flat35kinri.com/