住宅ローン借り換え
のベストな条件

借り換えのメリットはケースバイケース

低金利時代の今、住宅ローンの借り換えに注目が集まっていますが、ただ単に借り換えを検討するのではなく、住宅ローンの最適な借り換え条件をよく考えてから、検討しないといけないんでしょうね。 住宅ローンの最適な借り換え条件とは、ローンの残高が1,000万以上で、金利差が1%以上、そしてローンの残年数が10年以上というのが、一般的に言われていることですよね。 この条件がそろっているなら、借り換えを検討してみてもいいんじゃないかな。 もちろん、この条件がそろっているからといって、必ずしもメリットのある借り換えができるとは限らないんでしょうけど。

借り換えのメリットというのは、やはりケースバイケースになってしまいますからね。 最終的には個々の状況によって、メリットがあるのかどうかを判断しないといけないんでしょう。 自分では判断しかねる・・という場合には、銀行の相談窓口で相談してみましょう。 相談窓口に行けば、今の状況で借り換えを行ってどれだけのメリットがあるのか、ちゃんと教えてくれるはずですからね。 借り換えで悩んでいるなら、銀行の相談窓口を気軽に利用して、借り換えによるメリットやデメリットを教えてもらうのがベストかもしれませんね。